メタボリックシンドロームとは

昨今しきりにその名前と対策が叫ばれているメタボリックシンドロームとはどういう意味でしょうか。このメタボリックシンドロームには、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)という肥満のタイプの人ががそれにあたります。そしてそれに高血糖・高血圧・高脂血症のうち、二つ以上を合併した状態のことをいうのです。これまで日本では、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準によって、診断、対策が行われていました。これが、2005年4月に開催された日本内科学会総会において、その製作がずっと待ち続けられていた日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が発表されたことで変わりました。今ではそれが日本の診断基準となり、その対策が考えられるようになりました。その具体的な診断方法としては、まず内臓脂肪のたまり具合ををウエスト径で判定します。男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。これをもし腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定したとします。するとこのウエストの数字は断面積なんと100平方センチにも相当するのです。このようにしてメタボリックシンドロームと判断されて、対策の必要性が勧められるようになります。このようにメタボリックシンドロームは今や世界中で注目、問題視されており、対策のための様々な研究がなされています。

VITORELIN(ビトレリン)口コミ|増大効果を徹底調査!

タイトルとURLをコピーしました