脂肪肝とは

脂肪肝とは読んで字のごとく肝臓に脂肪がたまっている状態を指します。毎日脂肪の多い食事をしていると、肝細胞に中世脂肪が蓄積してしまいます。それにより肝臓の機能そのものが低下してしまうのです。脂肪肝は進行すると肝硬変へと移行することもあり、さらに肝臓がんにまで至る場合もあるので、本当に軽く考えてはいけない病気なのです。脂肪肝を引き起こす要因は、動物性脂肪の多い食事とアルコールの摂り過ぎです。脂の多い食事をとりすぎると、肝臓はその脂肪の分解をしきれなくなり、その結果食事で摂った脂肪hどんどん肝臓に蓄積されてしまう、ということになるのです。アルコールを毎日大量に飲む人も要注意、そして肥満気味な人、糖尿病を患っている人も気をつけなければなりません。脂肪肝になると、具体的にどのような症状があらわれるのでしょうか。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、異常があってもなかなか自覚症状が現れにくく、初めのころになんとなくだるさがあったり、疲れやすくなるといった程度で見過ごされがちなのです。症状がさらに進行すると食欲不振、右上腹部に痛みを感じるなどの自覚症状が出てくるでしょう。脂肪肝は血液検査によって発見されることが多いようですが、治療法としては主に食事療法と運動療法によるものがほとんどです。具体的には脂肪や糖質の多い食事を控えさせ、運動を取り入れて体重をコントロールし、またアルコール性脂肪肝の人の場合は禁酒療法を取り入れます。普段から脂っこい料理が好きな人はこの際食事の内容を見直して、さらにしっかり健康診断を受けるようにしたいものです。

婚活中の体の関係はいつから?女性の上手な断り方を紹介

タイトルとURLをコピーしました