シミ取りの治療法

レーザー治療のような高価な治療の他にも、シミ取りにはケミカルピーリングという方法をとることもできます。ケミカルピーリングとは、特殊な薬剤を使うシミ取り法で、薬剤により肌の角質を剥がしながら新陳代謝を促すというやり方です。数々あるシミ取りの薬剤の中で、たとえばグリコール酸やAHA、フルーツ酸といった薬剤が使われますが、これらが皮膚に塗られるとによって肌のターンオーバーが活性化されるのです。シミ取りの治療にケミカルピーリングを利用した場合の良いところは、施術が短時間で終わり、比較的気軽に行えるというところです。できれば専門の皮膚科で相談しながら施術をしてもらうと良いでしょう。ケミカルピーリングを受けた後に、人により一時的に皮膚が敏感になったり、肌の水分が不足しているような感じになったりすることがあります。病院でのアドバイスをきちんと受け、スキンケア、紫外線対策をしておきましょう。今欧米でシミ取りの治療法の主流になろうとしているのがトレチノイン療法で、トレチノインとはビタミンAの一種なのです。皮膚に直接塗ることによって肌の奥底にたまった角質を溶かすことができます。トレチノインが皮膚の新陳代謝やターンオーバーを活性化させ、メラニン色素を排出させるというわけです。このシミ取り治療で忘れてはならないのは、施術後に肌が赤くなったり、ヒリヒリすることがあることで、医師の指示をきちんと受けて、スキンケアることが大切になります。トレチノイン治療は塗り薬を塗るだけなので費用も安く数週間でシミ取りが完了しますのでこれからますます日本でも普及していくかもしれません。

WEED ブリスジェルの特徴と効果|美尻ケアに超おすすめ!!

タイトルとURLをコピーしました