たるみの原因

たるみは、年齢を重ねるごとに気になってくるものですが、女性なら誰しもがそれをなくしていつまでも若々しくありたいと思うものです。でもなぜ年齢を重ねるごとにたるんでくるのでしょうか。それは人間の肌が細胞分裂、いわゆる再生できる回数が決まっているからで、つまり肌にも年齢があるというわけです。それで、肌が再生できなくなった時が、たるみができ始めるときなのです。表皮、真皮、皮下組織、この3つの層からなっているのが皮膚で、それを支えているのが筋肉なのです。皮膚の皮下組織には脂肪細胞が集まっているので脂肪が多くければ、当然たるみができることになりますが、皮膚を支える筋肉が鍛えられていれば、たるみは起こらないことになります。たるみを作ってしまう原因は、ただ肌の老化だけというわけではなく他にもありますが、まずは一番気になる、ほほのたるみについて考えてみましょう。顔の表情を大きく変化させる大切なパーツであるほほは、食生活や生活環境に大きな関わりがあり、食事のときに口を動かすことで咀嚼筋を使ったり、泣いたり笑ったり、普段の生活ではあまり意識しないと思いますが、そのたびにほほの筋肉をよく使っているのです。もっと意識して筋肉を使うことでたるみを防ぐことができるのです。ストレスなどで表情が暗くなると、ほほも下に落ちてしまうもので、生活環境が悪いことが原因でストレスを感じて気持ちが落ち込んでしまうこともよくないのです。もちろん疲労やエアコンによる乾燥、紫外線などといった直接的な影響もたるみの原因になります。たるみを防ぎ、改善するためには、肌に良い食事を心がけることはもちろん、健康的な生活をするようにして、たるみの原因をよく知ることが何よりなのです。

骨盤ショーツ『リシュット』は産後ママの悩み解決|ポッコリお腹がすっきり♪

タイトルとURLをコピーしました