やせる生活習慣

やせるために生活習慣を改善することは大切で、肥満は生活習慣によるものが大きいといわれています。親が太っていると子どももどちらかというと太り気味という場合が多いことからもわかることです。肥満体質は遺伝するといわれますが、遺伝によるものは3割で、あとの7割は家庭での好みや食事の取り方による影響が大きいといいます。家族が太りやすい生活習慣をしているのが原因なのです。やせるためにまずしなければならないことは、自分の食習慣を自己管理することで、自分に悪い習慣がないか、早食い、まとめ食い、間食などのチェックをしてみることが大切です。このような生活を振り返る「行動療法」は食事や運動とともに肥満対策に必要なことで、まず食事の日記をつけることからはじめ、誰と、どこで、何を、どれくらい食べたかを記していきましょう。そうすることで、自分の食生活に問題がないかがわかってくるでしょう。夜更かしをして夜遅くにものを食べたりすると、胃がもたれて朝食が取れなくなり、食事が不規則になるうえに脂肪がたまりやすくなってしまうので、そのような悪い習慣は避けなければなりません。普段からできるだけ歩くように心がけることは大切なことで、歩ける距離ならば、乗り物に頼らないようにするといいでしょう。そして普段からさらに体を動かすようにするために、エレベーターを使わずに階段を利用したり、床掃除をしっかりする、というものいいでしょう。イライラはやせるためにはやはり大敵で、ストレスからやけ食いをしてしまうこともよくあることですが、そうならないよう、好きな音楽やスポーツですっきりすることで、ストレス解消をはかれるように日ごろから気をつけることも大切なのです。肥満を解消するために生活習慣を改善することは、まずは自分の生活を見直して太る原因を見つけ出し、それを取り除くようにすることだといえるでしょう。

VITRY(ヴィトライ)の口コミ・効果|【国内初】ヒト幹細胞×卵殻膜原液の美容液って?

タイトルとURLをコピーしました